けいたの栄養学【たんぱく質神話①〜人が選択すべきたんぱく”質”】

たんぱく質を摂取しようとするとどうしても脂や塩分を取り過ぎてしまいます。
かといって、低たんぱく食は筋肉を減らしさまざまな不調を引き起こしかねない。

では、どのようなたんぱく質を摂取すればいいのか、
本当の良質なたんぱく質とはなんなんでしょう。

前々回までの炭水化物ダイエットの怖さの中で、たんぱく質の怖さにいずれ触れる、という話をしました。

けいたの栄養学【炭水化物ダイエットの落とし穴②〜低糖質の末路】

2020年1月13日

けいたの栄養学【炭水化物ダイエットの落とし穴①〜炭水化物の健康価値】

2020年1月12日

けいた
この記事を書いているのは、看護師歴10年ちょっとの者です。
普段は、専門看護師、心臓リハビリテーション指導士として働きつつ、料理や栄養の知識なんかをInstagramやブログを使って発信しています。「はじめまして」はこちらから。

□たんぱく質の「質」

そもそも身体に「良質」なたんぱく質ってなんでしょうか。

第1の「質」を決める大事なものは、「必須アミノ酸を不足なく摂取できる」ということ。

8つあるその必須アミノ酸が1つでも欠けると、体内のたんぱく質の合成が滞ってしまいます。

本来、身体の中で消化されたたんぱく質がアミノ酸となって吸収されます。
(例えば、コラーゲンも全部分解されて吸収されるので、例えばコラーゲン鍋を食べても、コラーゲンがそのままの形でたくさん体に入るわけではありません)

それらが体に吸収された後、様々な組織で再びたんぱく質に効率よく合成されるために、
必要とされる正しい種類と正しいのアミノ酸を与えてくれるもの。
それがたんぱく質の「質」決めるものであると言えると思います。

 

□人が選択してきたたんぱく質

さて、ではそれは一体どんなものを食べれば良いのでしょうか。

「質」だけをみた場合の極論は「人肉」です。

しかしそれは実質無理なので、
私たち人類は「人類以外の動物」を食べるというセカンドベストなたんぱく質を摂取してきたわけです。

そんな中でも、アミノ酸の種類や量等を鑑みたとき良質と呼ばれてきた動物性たんぱく質の代表が卵や牛乳ですね。

では、僕らは動物を食べるしかないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。
食用植物は「単体」では十分な必須アミノ酸を得ることは難しい場合がありますが、
植物食品群「全体」としては、必須アミノ酸のすべてを含んでいるので安心してください。

次回以降もたんぱく質の質のいい食事関して話していきます。

つづく

看護師が取得すべきオススメ資格3選【手当や転職につなげるキャリア設計のために】

2020年2月10日

▶︎ #けいたの栄養学バックナンバー
【大切な人のための食事】
【炭水化物ダイエットの落とし穴①】【②】【③】 【④】
【食物繊維と大腸の関係性①】【②】
【たんぱく質神話①】【②】③】【④】
【日本の食品安全神話はすでに崩壊】
【カルシウムと骨折①】【②】
【カロリーを気にしては痩せない①】【②】
【栄養バランスの本当の意味】
【食材を選ぶ目を養う】
【良い食事の選択は味覚の育成から】
【野菜の食べ方講座 復習編】 【短編】
【体重が減るとスタイルが悪くなる】
【動物性たんぱく質のおさらい】
【糖尿病の人が太っているとは限らない】
【美味しく安全なコーヒーの飲み方①】  【②】
【歳をとることと食事〜糖化現象と老化現象】
【コレステロールが高いという意味】
【朝ごはん食べる?食べない?で重要なこと】
【完全栄養食のススメ〜使い方で健康も生活も整う?】

 
Instagramやってます

紹介している本などはこちらから



4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です