けいたの栄養学【歳をとることと食事〜糖化現象と老化現象】

 以前質問のあった”糖化現象”について書きたいと思います。

けいた
この記事を書いているのは、看護師歴10年ちょっとの者です。
普段は、看護師と働きつつ、料理や栄養の知識なんかをInstagramやブログを使って発信しています。「はじめまして」はこちらから。

■歳をとるということと食事

 

糖化とは体内のたんぱく質と糖分が結びついて加熱される現象を呼びます。
体内の熱や調理による熱によってたんぱく質が熱せられることと酸化現象の関係は未だにはっきりはしていませんが、
糖化=老化というストーリーが出来上がりつつあります。

 

□糖化という老化とは

 

その理由として、 老化は身体の年齢的な変化を言います。

その体である肌や体内臓器は何でできているかを申しますと、 大部分はたんぱく質です。

つまり長い年月をかけて体温によって熱せられたコラーゲンなどを弾力のないものに変えていってしまうことで、本来の働きが出来なくなると言ったことが起こります。
肌に張りがなくなったり、骨がもろくなるのはそれが理由です。

それ以外にも血管の弾力性が失われる動脈硬化、 白内障、脳神経障害などもその組織内特有のたんぱくが糖化して機能不全を起こすことが理由であると言われており、
年齢的な変化と強く結びついていることが、前述した老化との関係を示すデータとなっているわけであります。

 

□糖化予防のための調理

 

さてでは、どうやって気をつけるべきなのか。
糖化現象は完全にストップすることは出来ません。
なぜなら動物は体温を下げてはいきていけないからです。

すくなからず、食べて生きる上で糖化は進むのです。
アンチエイジングをがんばっても老化はするのと同じです。

ただ加速することを抑え、出来る限り緩やかにすることは、上に書いた病気の予防や健康寿命の促進に繋がりますので重要です。

そもそも熱によるたんぱく質と糖の変成が原因なので、 1つは高温で熱した食べ物を食べ過ぎないことが予防の第1歩です。
フライとグリルですね。

よく焦げたものを食べるとがんになると言いますが、
発がん物質にもそういったことが関連していてもおかしくないですよね。

水分で熱するものは100℃以上にはならないので、 200℃以上になることもある調理法で熱するフライやグリルに比べれば糖化した物質の体内への侵入は大きく抑えられます。

もちろんその時の味付けも同じです。
たんぱく質食品と糖質食品は合わせて食べられることが多い。
特に動物性食品はその傾向が強いので注意を。

長くなってきましたが、あともう1つ。
体内での糖化現象は”血糖値”が大きく関わります。

けいたの栄養学【炭水化物ダイエット③】

2020年2月5日

けいたの栄養学【糖尿病の人が太っているとは限らない】

2020年2月5日

糖尿病のような血糖コントロールが難しい人は特にその現象が進みやすく、
糖尿病の人が認知症等になりやすい理由の1つと言えるでしょう。

もちろん炭水化物中心の食事や運動不足等様々な原因が絡んできますが、
それはまたそのうち。

まだまだ研究段階ではありますが、 身体の健康を保つの指標となってくるかもしれません。

【出典】
AGE測定推進協会ホームページ
健康栄養学 第2版 共立出版

つづく

▶︎ #けいたの栄養学バックナンバー
【大切な人のための食事】
【炭水化物ダイエットの落とし穴①】【②】【③】
【食物繊維と大腸の関係性①】【②】
【たんぱく質神話①】【②】③】【④】
【日本の食品安全神話はすでに崩壊】
【カルシウムと骨折①】【②】
【カロリーを気にしては痩せない①】【②】
【栄養バランスの本当の意味】
【食材を選ぶ目を養う】
【良い食事の選択は味覚の育成から】
【野菜の食べ方講座 復習編】 【短編】
【体重が減るとスタイルが悪くなる】
【動物性たんぱく質のおさらい】
【糖尿病の人が太っているとは限らない】
【美味しく安全なコーヒーの飲み方①】  【②】

Instagramやってます

紹介している本などはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です